食文化を引っ張るワーキングマザー

IT&ストラテジー
チーフマネージャー

山城亜紀

IT企業から食の世界への転進

前職は外資系大手IT企業でプロジェクトマネージャーとして数々の開発プロジェクトを牽引していました。
求められるもののレベルは高くやりがいはあり、同期もたくさんいて楽しい職場でした。しかし、子供の頃のバイブルは「ミスター味っ子」、趣味は美味しい店めぐりとワインのラベル集め、食べること大好き、お酒も大好きだったこともあり、いずれは興味のある食べ物に関する仕事がしたいと思っていました。
入社9年目の時に、年齢や今後のライフプランなどを考えて転職を決めました。その直後に早期退職プランもあり、退職金も予想以上にもらえてかなりおいしい退社になりました(笑)

数ある食べ物を扱う会社の中で、食文化を選んだのは、食文化ではシステムを自社開発しており前職のシステムやプロジェクトマネジメントのスキルが生かせそうだったこと、「食べ物で日本を元気に、食卓を豊かにして幸せな家庭を増やす」といった会社の理念に共感したこと、なんだか面白そうな会社だったこと、日頃から美味しいものが食べられそうだったことが理由です。そして面接で社長と話をし、面白そうという気持ちが強くなり入社を決意しました。

食文化のよさはフットワークの軽さ

日頃から美味しいものが食べられそうと思っていて入社しましたが、まさに、初日から販売予定商品のサンプルや出荷時に検品落ちした果物などが事務所にはたくさん並んでおり、「なんて美味しい職場なんだ!」というのが最初の印象でした。また、日本の食の台所築地、お寿司屋さんだけでなくお店も豊富、しかも銀座や汐留へも歩いていける距離なので、尽きることのない外食ランチも楽しみの1つです。

仕事面で衝撃だったのは、前の会社には何をするにも厳しいコンプラと数々の承認手続きがあったのですが、食文化にはほとんどといって良いほどそういうものがないこと。

食文化の魅力は、いい意味での「ゆるさ」、決まりやルールでがんじがらめにされていないからこそ実現できるフットワークの軽さだと感じています。会社の方針と大きなずれのないことなら「こんなことをやりたい」をやらせてくれる会社です。また、リスクを怖がって何もしなければ企業は成長しないとの考えで、社員にはチャレンジが常に求められ、新しいサービスの計画、面白い商品企画、新しい取り組み、など常に何かが動いています。
採用面接時に感じた「なんだか面白そうな会社」という印象は中に入ってみるとその通りでした。そういう意味では、指示がないと動けない、受身の仕事がしたいという人には、食文化の職場は合わないかもしれません。

食文化を日本で一番の食の会社にしたい

こういうことがやりたいと主張してきた結果、1年間の産休育休を経て現在は、システム、新規事業、社長室の3つの部門に所属し、とても充実した毎日を送っています。
システム担当としては、うまいもんドットコム築地市場ドットコムdancyuドットコムなど既存ECサイトの新サービスの設計が主な仕事です。
弊社のプログラマーはアメリカに住んでいるので時差やロケーションの違いがビジネスを推進する上でのボトルネックにならないよう、双方が稼動している朝8時台は電話会議やメール等のやり取り等ほぼシステム業務に費やしています。

新規事業担当としては、新しいビジネスを生み出すことが命題なのですが、今は食文化のシステムを使った他社コラボ事業の立案を行っています。他企業とお付き合いするために必要と感じたプライバシーマークの取得も私がメインで運用整備・社員教育を進めました。

現在のメインの仕事である社長室担当として今力を入れているのが採用とPRです。
新卒採用中途採用のほか、この社員紹介社内イベント紹介社内での様子の紹介も会社の魅力を伝えたいという思いから始めました。
他には、社員のスキルアップ、職場環境改善のために様々な制度を導入しています。

例えば、定期的に社長が主催するお食事会(松茸食べ尽くし全国各地の鮎食べ比べお寿司を握る会国産の生マカを堪能する会、などなど)をプロデュースして食のスキルアップや社内交流を促したり、社内の表彰制度としてMVP制度を導入し、副賞を『社長と一緒に豪華お食事』などの特典をつけてモチベーションアップを狙ったり、食文化ならではの仕組み作りを心がけています。 今の私の目標は、育児も仕事も楽しむこと、そして、食が好きな人、食を仕事にしたい人にとって、食文化を日本で一番働きたい会社にすることです。

山城はこんな人!

突破力と調整力を兼ね備え、攻守に活躍するボランチのような存在!酒を飲むとキャラ硬度が、サファイヤからラピスラズリになるくらい柔らかになる・・